ハイドロキノン

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンはシミの特効薬的な存在として、人気が高まっている成分です。

 

シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、すでにできてしまっているメラニン色素の排出も促します。

 

写真の現像の還元剤として使われていますが、現像する人の手が白くなったことから、美白効果が発見されました。

 

とても強い成分のため、ヨーロッパでは人体へ使用することは禁止されています。日本でも2001年までは医療機関のみでしか取り扱えませんでした。

 

正しく使えば、シミを効果的に消すことができますが、使い方はとても難しいです。シミがある部分にのみ、ハイドロキノンを塗ります。

 

それ以外の部分、肌がきれいなところなどに塗ってしまうと、肌色が抜けたように白くなり、まだらのようになってしまうことがあります。

 

シミの予防にと顔全体に塗る、ということは絶対にしてはいけません。濃度が高くなれば効果も高まりますが、炎症を起こしやすく刺激も強くなってしまいます。

 

一般的なハイドロキノン配合化粧品ですと濃度は2%ほどです。4%や5%となると、刺激を感じる人が出てきます。

 

また5%以上の高濃度の商品は、医師の指示のもとに使うことをオススメします。最悪の場合、肌がトラブルから回復しないこともあり得ます。

 

ハイドロキノンはどこで買える?


以前はハイドロキノン配合の化粧品は医療機関のみでの取り扱いでしたが、今ではさまざまな化粧品メーカーからたくさんの商品が販売されています。

 

ドラッグストアでもネット通販でも購入できます。市販されている化粧品は、ハイドロキノン濃度が5%未満です。

 

これ以上の高濃度の場合には、医療機関で処方してもらう必要があります。

 

手軽にハイドロキノンの効果を試してみたいのであれば、2%程度の化粧品を試してみるとよいでしょう。

 

副作用も少なく、安心して使えます。4%くらいからは刺激を感じる、肌に赤みが出る、という副作用を実感する人が増えるようです。

 

最初は低濃度のもので様子を見て、トラブルがなければ徐々に濃度を上げていくという方法をオススメします。

 

また、ハイドロキノンでシミや色素沈着を消したいと強く考えているのであれば、医療機関で処方をしてもらい、医師の指示通りに使う方がよいでしょう。

 

高濃度であれば高い効果を得られますし、肌にトラブルがあったときにもすぐに診察をしてもらえます。

 

個人輸入での購入という方法もあります。国内での通販よりも安価に入手ができるというのは利点ですが、特に高濃度の商品は使い方に気をつけてください。

 

参考
私の脇の黒ずみ.com
http://xn--98jwba3ew223ciejpr6c.com/